Windows10 Insider Previewの 最新ビルドのISOイメージファイルを入手する方法

Windows10 Insider Previewの 最新ビルドのISOイメージファイルを入手する方法

Windows10 Insider Previewの 最新ビルドのISOイメージファイルを入手する方法

Windows10 Insider Preview のアップデートインストールが失敗することがある。
具体的には、Windows Updateからの更新でアップデートのダウンロード後に再起動するが、ここで始まるはずのインストールがキックされずに、そのまま何事もなく既存のバージョンが立ち上がってしまうという現象である。
ネット上をいろいろ調べると、「SFC /scannowを試せ」「アップデートファイルのキャッシュを消せ」など色々アドバイスが上がっているが、いずれもうまくいった試しはない。何がきっかけでこうなってしまうのか原因を未だに掴めていず、しかもずっとそのままになってしまうばかりか、Microsoftはこの現象を解決する気がないので、いざ嵌まってしまうと大変困る。
一時期は諦めてクリーンインストールしたのだが、あまりに幼稚で前時代的な解決方法だし、そんな事を繰り返すのはごめんだ。

ところが最近になって、たまたまダウンロードしておいたISOイメージからアップデートインストールすると上手くいくことが判った。
原因は知らんが、この状況から考えると、ダウンロードが上手くいっていないんじゃないかなという気がする。

さて、ここで問題になるのがMicrosoftからISOイメージが提供されている場合とそうでないバージョンがあることだ。
つまり、ISOイメージが提供されない毎週の中間ビルドでこの現象に嵌まってしまった場合はどうにもならなくなる。ISOイメージが提供されるまで、Windows Insider Programの“First”に参加していても何も手出しできない状態のままとなってしまうのだ。Feedback Hubを見ると、従来から同様の現象にはまる人がそれなりに多数居るようで、世界中で“助けてくれっ!”と叫び声が上がっている。しかし、こうしたことに鈍感なMicrosoftはちっとも対応してくれない。

自力で突破するしかないが、どうすれば良いか。

ISOイメージの存在するバージョンを元に、最新バージョンのダウンロードファイルとの差分からISOイメージを作成してしまうという方法が考えられる。
世には同じ事を考える人がいるもので、Google先生に聞いてみると「UUPで入手が可能だよ!」との知見が得られた。このUUP…Microsoftが提供するUnified Update Platform の略で、要するにユーザーそれぞれの状況に合わせた各種アップデートの差分を提供することでダウンロードサイズを小さくし、更新プログラム作業効率を上げられるようにしたものだ。UNIXの世界では40数年前からごく当たり前の手段なのだが、漸くMicrosoftもその重要性に気づいたようだ。

そして、今回の目的用として最終的に得られたテクニックは、「UUP dump」というサイトを使う方法。
ここを利用すれば、とても手軽…というかあっけなく解決してしまったので、自身の備忘録として書いておくことにする。

UUP dumpのサイトに行く。

https://uupdump.ml/

希望するビルドとプラットフォーム等を選ぶと、ダウンロードファイルの指定・実行やISO作成するための自動実行スクリプトが記述されたファイル一式を入手できる。

例えば「Build 19546.1000」「x64」「Japanese」「OSエディション」などを指定するだけで、必要な情報が書かれたファイル一式がダウンロードされる。
これを展開して、その中のスクリプトファイルを実行してただ待つだけ。
回線速度にもよるが10分もかからずにISOイメージまで自動作成してくれるという、優れものだ。

具体的には以下のような手順。

(1)希望ビルドとプラットフォームを選ぶ

例えば「Windows 10 Insider Preview 19546.1000 (rs_prerelease)」「amd64 (x64)」などを選び「Next」

(2)言語を選ぶ

Japaneseを選び「Next」

(3)OSのエディションを選ぶ

「All editions」を選んでおくと多少サイズが大きくなるが利便性が良いと思うので、そのまま「Next」。

(4)ダウンロードオプションを選んで、ダウンロード開始

いくつかオプションが表示されるが、デフォルトのまま「Create download package」を押す。

(5)パッケージの展開

下記のようなファイル名で数MBのzipファイルがダウンロードされるので、これを展開する。

19546.1000_amd64_ja-jp_all_xxxxxxxx_convert.zip

(6)スクリプトファイルの実行

Windows上からなら、管理者プロンプトで「aria2_download_windows.cmd」を実行する

UUPからのダウンロードが始まるので、放っておく。
最後に“Press 0 to exit.”と表示されるので指示どおり「0」を入力してスクリプトを終了。
カレントフォルダに、例えば下記のようにISOイメージファイルが作成される。

19546.1000.200110-1443.RS_PRERELEASE_CLIENTMULTI_X64FRE_JA-JP.ISO

これが、差分を使って作成された最新ビルドのISOイメージファイル、ということになる。

(7)USBメモリにイメージファイルを書込む

“Rufus”などのイメージ書込みプログラムを使って使ってUSBメモリに書込む。

あとは、SETUPを実行。

ということで、無事に最新ビルドにアップデートできましたとさ。
めでたしめでたし。

WindowsUpdateが「再起動の保留中」になって更新されない件

WindowsUpdate でのアップデート操作時に、ダウンロード後の再起動でセットアップが続行されずに終了し、「再起動の保留中」が継続してしまう原因。

bcdedit で表示される「Windows セットアップ」と「デバイス オプション」で、下記エントリーが作られないことが理由の模様。
この記述がないために、セットアップファイルの場所が判らずに続行されない。
なぜこの現象が発生してしまうのか?は不明。

以下、不足したエントリの内容

Windows セットアップ

identifier {yyyyyyyy-yyyy-yyyy-yyyy-yyyyyyyyyyyy}
device ramdisk=[C:]\$WINDOWS.~BT\Sources\SafeOS\winre.wim,{xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
bootstatdevice partition=C:
custom:11000083 partition=C:
path \windows\system32\winload.efi
description Windows Rollback
locale ja-JP
bootstatfilepath \$WINDOWS.~BT\Sources\SafeOS\bootstat.dat
inherit {bootloadersettings}
restartonfailure No
osdevice ramdisk=[C:]\$WINDOWS.~BT\Sources\SafeOS\winre.wim,{xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
custom:21000152 partition=C:
systemroot \windows
nx OptIn
bootmenupolicy Standard
bootstatuspolicy AlwaysDisplayStartupFailures
winpe Yes

デバイス オプション

identifier {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
description Windows Setup
ramdisksdidevice partition=C:
ramdisksdipath \$WINDOWS.~BT\Sources\SafeOS\boot.sdi

※identifier は、Windowsブートローダーが指し示すものと同じ。

CrossOverDA1 用のジッタークリーナーAdd-on基板「JC1」

ほぼ一年前に製作した、ES9038 4個使用の超弩弓DAコンバータ“CrossOverDA1”。当初から予定されていたSi5317使用のジッタークリーナー基板が、7月にリリースされたので早速組み立てた。
Firmwareが工夫されているので、DA1の既設コネクタにセットするだけで自動認識される(下側の2個の黒いコネクタは、オリジナル仕様のL型ピンヘッダから変更している)。

IMG_1468.jpgIMG_1472.jpg

 

GPS 10MHz Oscillator with LCD (GPSDO)

中国のアマチュア局BG7TBLが制作した、10MHz Oscilator 「LCD-GPS Disciplined OSCILLATOR」。
携帯基地局で使われていたOCXOを再利用し、GPSの基準信号と比較して正確な10MHzを出力してくれる、というやつです。GPSDOと呼ぶみたいですね。

IMG_1101

10MHzは結構色々なデジタル機器や測定器の基準信号として使われるので、そんな機器類がある人にとって、精神的な安定にも効果が高いw。
表示なし版は知っていたが、年明けにLCD表示付きのが出て、単純に周波数を表示する他、ppm/ppbでの誤差表示に変えたりもできるので、これは良いじゃない!と早速e-bayへ。日本円で20,000円強ほどとお安い買いので、ぽちっと発注したら1週間ほどで深センから届いた。

GPSアンテナとACアダプタを繋いだらもう設置完了という手軽さで、30分ほどでオーブンも暖まって周波数も安定してきた。便利な世の中すよねー。性能的には価格相応らしくジッターもある程度あるが、まぁどの辺りで見切るかですから。

しばらく使ううち、ここは日本、デフォルトのUTC表示は不便なのでJST表示に変えようと思ったのだが、そもそもマニュアルが付いてない!
e-bayの商品案内に添付されていた写真を見ると、設定機能は持っているようなのだが、全くやり方が分からん。e-bay上で探し出した、手順の欠片のような情報をもとにやっても効果なし。調べるうちに「EEVblog Electoronics Community Forum ( https://www.eevblog.com/ )」というところで、ようやく情報を発見。Forumの書込みを見ると、みな同じ事を考え迷っていたようで(そりゃ、誰だって自国の時刻で表示したいよねぇ)、試行錯誤していたらしい。

その結果は、なんと設定コマンド用の定長文字列を2度連続送信する、という力業。それを参考に設定変更完了したのが、上の写真だ。

表示設定のためのテストモード用ジャンパピンを立てるために、本体を分解した時の中身の様子をどうぞ。IMG_1097

OCXOには、Trimbleの65256が使われていた。表面にはOSC以外は殆ど乗っていない。

写真を撮り忘れたが、中央のカラーのリボンケーブルがLCDユニットに繋がっている。

 

 

 

 

 

こちらは基板裏側の様子。IMG_1096

CrossOverDA1 + DA1Q (ES9038PRO ×4)

ESS社の最新DAC「ES9038PRO」をQUAD構成にしたDAコンバータのキットを組立てた。
使用パーツはほぼSMDだけ、最小ピッチ0.65mmへのハンダ付けを粛々とこなさなければならないが、幸いにも1週間弱で実装完了した。

DA1とDA1Q(ES9038 QUAD構成のDAC)

設計・頒布は、“北鎌倉電子工作同好会 (http://open-circuit.bbs.fc2.com/)”のお二人。X_Under bar氏(https://blogs.yahoo.co.jp/yokoyama3322/)と、ResetStudio氏( Twitter @ResetStudioPict)だ。
CrossOverとは北鎌倉電子工作同好会の作品ブランド名で、製品はhttp://crossoversound.me/で頒布している。

この基板(ES9038PROチップ)は電流出力だから、これ以外にIV変換基板が必要だが、これがバケモノ設計(ほめ言葉)であるが愉しみだ(2017.6.23現在、未頒布)。

SONY PCM-D100を買ってみた。これはお勧めの製品に仕上がっている。

9月6日にベルリンで開催された国際コンシューマエレクトロニクス展「IFA 2013」で発表された、SONYのリニアPCMレコーダー PCM-D100。

IMG_3918

これまで、PCM-D1(2005年)、PCM-D50(2007年)、PCM-M10(2009年)と発売されてきたのだが、今一つ仕様が半端で購入を見送ってきた分野だ。今どきはiPhoneに KORG  iMS20などの外部マイクを付ければ、結構高音質でリニアPCMレコーディングができるから、半端な仕様のハードウェアなんて欲しくもない。

ところが、このPCM-D100だけは別だ。見た目はPCM-D50とそっくりで、既存のリニアPCMレコーダの上位製品なのかと思わせるが、中身が大きく向上している。その大きな特長とは、DSD録音(2.8MHz/1bit)が可能という点だ。

これまで、自社で展開してきたSACDへの過大な配慮と(?)、経営状態改善のためか新製品の投入に消極的になり、市場が拡大しつつあるDSDに対して一切の沈黙を守ってきたソニーであるが、ここに来て初のDSD録音可能なモデルを出した点では、とても意義が大きい。KORG、TASCAMの後塵を拝してきた立場を、ここで逆転するべく使命を担った製品とも言えるかもしれない。

PCM録音の仕様は、ほぼ従来の製品を踏襲しつつ、多少のハイビット化(192kHz/24bit)を行っている。今回初搭載されたDSD録音機能におけるサンプリング周波数は、DSDとして標準的な2.8MHz止まりとなっており、この点は正直な気持ちとして、倍の5.6MHzをサポートして欲しかったと思わざるを得ない。とは言え、リモコン、ウィンドスクリーンなど屋外での録音に必要なものを全てセットして100,000円程というのは、お買い得! じゃないかなぁ。

このPCM-D100の実機は、10月18~20日に開かれた“音展”で先行展示され、会場ではレコーディング体験イベントも開かれた。参加申込みに気付いたのが遅く、体験会には混ざれなかったが、体験会終了後の製品展示でこれを触ってしまったのがいけなかった。担当者の自信の漲った説明にも心打たれw、久しぶりにその場でSONY製品への物欲が復活してしまった。お買い得と言い切ったものの、録音しかできなくて10万円ですから数日考えてみた。でも…フツフツと生まれてしまった物欲には抗しきれる訳もなく、先月末にソニーストアで“ぽちっとな”をやったわけである。

そのソニーストアでも、ポイントが少し貯まっていたので、90,000円を僅かに切る89,820円で購入できたから、めでたしかな。しかも、ソニーストアで買ったことで、21日発売予定となっているにもかかわらず、一週間前の14日に届いてしまったのはラッキー!。

『Majestouch専用 2色成型カスタムキーキャップセット』を購入

10/17に発売になった、ダイヤテック・FILCOブランド・Majestouch キーボードシリーズ用のキーキャップセット『Majestouch専用 2色成型カスタムキーキャップセット』4,980円、を購入してみた。

この製品の特長は、今どき珍しい2色成型である、ということ。
2色成型キーキャップといえば、30年程前まではキートップの文字刻印は「2色成形」が普通だった。文字形状を綺麗に出すには、ある程度精密な金型が必要なことや2度手間であるからコスト高なのは明かで、最近は殆ど見かけない。しかし、一種の金太郎飴構造なので、いくらキートップが摩耗しても絶対に文字消えはしない。そして、何より、この構造の場合、肉厚なことに加え、素材の複合効果による振動吸収性も生まれるから、結果的にキャップを叩いた時の振動周波数は低くなる。つまり、薄っぺらいプラスチック特有の、カチャカチャした耳障りな音が抑制される効果がある。

ということで、17日にダイヤテックからのメールマガジンで、この製品が発売されたのを知ったのだが、1日だけ考えてみたが、結局 18日に発注~19日夜に到着した。
このセットに交換するキーボードは、Majestouch FKB87MRL/EB2 という製品で、CHERRY MXスイッチ・赤軸 タイプを使用したもの。
キーボードの感触の好みは人ぞれぞれで、私の場合は、長いキーストローク、クリック感がなく、しかも押圧が低いものが好み、ということで、これまで20台近くも様々なキーボードを試してきたが、この赤軸タイプに行き着き、この数年はこれを使い続けている。

IMG_3565

キーキャップセットは、こんな梱包で届いた。

早速、標準のキートップを外して、ついでに溜まった埃の掃除を行ってから、カスタムキーキャップに取り替えた。

IMG_3576

因みに、オンラインショップ限定・“Majestouch専用104英語配列・2色成型カスタムキーキャップセット”は、テンキー付き 104タイプ。交換対象のキーボードはテンキーレスなので、テンキー部のキーセットが余ってしまうが、まぁ仕方がない。

従来のキーキャップとの形状違い、高さの違いはこんな感じ。

IMG_3574

「E」だけ取り替えてみたときの様子。

IMG_3575

●打音の変化
文字で表現するのは少々難しいが、打音の音量は明かに抑えめになり、その高さもコポコポと低いものになったのは確かだ。そして、キーキャップタッチ時に発生するカチャカチャした音がなくなり、キーの底突き時にベースプレートやケースから発生する低い音のみになった。

●タイピングの快適さ
キーを真上から打つタイプの人には、キーキャップの振動がないため、タイピング感触が大幅に向上すると思う。
ただ、「すり鉢状のキートップ面」形状によって隣接キーから流れるようなタイピングはやや難しく、人によっては指が引っ掛かってしまうかもしれない。
キートップは、実測では3mmほど高くなっただけなのだが、実際の打鍵感覚ではもっと大きく感じる。キーを真上から打つ姿勢を長時間保つにはリストレストが必要かもしれない。試しにリストレストを置いてみると、いきなりタイピングがしやすくなった。

ということで、ここまで、新しいキーキャップを使ってタイピングをしたのだが、とても良い感触だ。キーを打つのが楽しくなる、なんというか久しぶりの打鍵感。ふと、いにしえのMacintosh PlusのM0110 キーボードの感触を思い出した。

IMG_3583

やーいい商品を発売してくれた、ダイヤテックさん。今回は自宅のキーキャップを換装したが、売り切れにならないうちに、仕事用も早速注文しよう。
そうそう、どうせなら、テンキーレス用のキャップセットも販売してくれたらなぁ。

Macintosh SE/30 の修理

先日ヤフオクで入手した Macintosh SE/30。 出品者の説明では「電源が入らない」、というものであったが、なぜか無事に起動する。しかし、起動音がなるタイミングが遅い。これはおそらく有名な、電解コンデンサの液漏れに違いない。

ということで早速ロジックボードを取り出してみると…

SE/30 ロジックボード・清掃前

SE/30 ロジックボード・清掃前

ホコリも盛大に乗っているが、製造から20年近くが経過したSMDタイプの電解コンデンサは、やはり全てが液漏れを起こしていた。

SE/30 ロジックボード・コンデンサの液漏れ

SE/30 ロジックボード・コンデンサの液漏れ

SE/30の電解コンデンサ交換は少々面倒ではあるけど、実際に作業を始めると1時間程度で終わってしまう。とは言え、パターン剥がれなどのアクシデントに陥らないよう気を遣うので、あまりやりたくはない。なにより、電解液がハンダゴテで暖められたときの妙な臭いは嗅ぎたくないから、つい気が重くなる………が!部品のストックがない訳じゃないし、放置しておけば回路が酸化してボードが死んでしまうのは確実なので、閉めて11個の交換に着手。フラックスクリーナとIPAを使って清掃し、 ハンダゴテ2本、電動半田吸い取り機で電解コンデンサを撤去し、パターン整地をする。

SE/30 電解コンデンサ撤去後

SE/30 電解コンデンサ撤去後

SE/30 電解コンデンサ撤去後・サウンド出力周辺

SE/30 電解コンデンサ撤去後・サウンド出力周辺

ここまで来れば、一安心。あとは新品のコンデンサをつければ完了。

SE/30 コンデンサ交換完了。

SE/30 コンデンサ交換完了。

ということで、「人生が変わる1分間の深イイ話」の“ジャーン!”が正しく復活したのでした。

NECマイコンクラブの会員証

昔の色々な資料を探していたら、こんなものが出てきた。NECが秋葉原・ラジオ会館7Fに「Bit-INN」を開設した頃、NECマイコンクラブという、ユーザー支援を兼ねた会員組織も立ち上げたが、その会員証である。

NECマイコンクラブの会員証

当時TK-80はすぐに買えなかったが、その雰囲気だけでも知ろうと加入し、結局クラブ解散となる1986年まで続けていたように思う。

ついでに、先日閉鎖されたラジオ会館を最後に訪れた2011/6の写真から、「Bit-INN」のあった場所などを…。

元・Bit-INN

この場所に限らず、最後にはほとんどのスペースがいわゆる「ホビー系」の店になったのだが、秋葉原文化のメインストリームが大きく変化したことを象徴している。

上の写真の場所を右に向いた所。右の壁にあるのが、後に掲示された「パーソナルコンピュータ発祥の地」の記念プレート。ラジオ会館解体後、これはどうなるんだろう。

フロアは違うが、ラジオ会館ビルの特徴である、クロス型の階段室。

左側の壁にヒビの補修跡が沢山あるが、どの階もかなり修繕されていて、しかも新しい。おそらく3/11の大震災による影響。鉄筋RCビルの階段室は地震による揺れの影響を受けやすいが、これだけのヒビが入ってしまうようでは、建て替えは当然だろう。

最後に、一応お決まり構図のラジオ会館ビル正面。ラジオ会館正面

全く知らなかったのだが、8/12-14に納涼祭と称して、最後に内部が一般公開されたらしい。